HOME > 事業系ごみ袋

事業系ごみ袋

事業系ごみの分別について

※すでにご契約いただいているお客様は、こちらからお問い合わせ・ご注文いただけます。

お問合せはこちらから
お問い合わせ

ごみには家庭から生じるごみ「家庭系ごみ」と
事業活動によって生じるごみ「事業系ごみ」とがあります。
事業系ごみは、廃棄物を適正に処分するため、
事業者が分別し、許可業者が収集を行うことが原則とされております。
当社ではお客様によるごみの分別をしやすくするため、また手軽にお支払いいただくため、
廃棄物の種類を指定したごみ袋(指定袋)を販売しています。
分別、回収方法については、各自治体の分別基準や当社規定に基づきますので、詳しくはお問合せください。
下記には、横浜市の分別方法を例として記載しております。

可燃物・古紙

  • ・生ごみ
  • ・紙くず(汚れていたり、リサイクルできないもの)
  • ・木くず(産業廃棄物以外のもの)
  • ・タバコの吸殻
  • ・布製品
  • ・草・木(直径3cm以下、長さ30cm以下のもの)
  • ・新聞
  • ・雑誌
  • ・段ボール
  • ・シュレッターくず
  • ・ミックスペーパー
  • ・オフィス紙
  • ・紙パック

※段ボールは10枚を1束にして45L袋を1袋貼り付ける。70L袋は15枚を1束で1袋。

対応袋

燃やすごみ45L/70L


45Lは10kgを目安に
70Lは15kgを目安にしてください。


詳しくは当社にご相談ください

ビニール・プラスチック類

  • ・ビニール
  • ・PPバンド
  • ・弁当の容器
  • ・発泡スチロール
  • ・プラスチック製品(5cm以下のもの小物)
  • ・コップ、茶碗等のガラス・陶磁器
  • ・細かい金属くず(クリップ・ボールペン等)

※その他のものに関しては別途費用がかかります。

対応袋

燃やさないごみ45L


詳しくは当社にご相談ください

ビン・カン・ペットボトル

  • ・飲料・調味料用のもの
    (中身は捨ててください)

対応袋

ビン・缶・ペットボトル45L


詳しくは当社にご相談ください

各項目ごとに指定された袋に入れて排出してください。

事業系ごみ袋販売についてのご案内

横浜環境保全では事業系ごみ袋を販売しております。

当社のごみ袋は廃棄物の種類ごとに色が分かれており、手軽に分別できます。
また、ごみ袋ですので、別途ごみ袋をお買い求めいただく手間も省けます。
ごみ袋1枚ごとに単価が設定され、プリペイド的に合計額をお支払いいただく先払い制です。
そのため、月々の請求書やお振り込みなど、お支払いにかかる手間も軽減できます。
(販売は袋の種類、組み合わせを問わず合計50枚以上からとさせていただいております。)

袋1枚の単価に収集にかかる料金やごみの処理料金などの一切が含まれているため、
原則として袋の代金以上の料金が発生いたしません。
また、粗大ごみなど、通常のごみ袋による廃棄の規定から外れた廃棄物の収集や処理にかかる料金を
お支払いいただく場合の料金の代わりとしてもご利用いただけます。

お申し込みから収集までの流れ

お申込み

お電話、またはお問合せフォームよりお問合せください

ご契約
  • ・営業によるご訪問
  • ・ごみ収集の説明
  • ・ごみ排出場所の確認
  • ・申込書の記入
収集開始

指定ごみ袋でごみを排出

ご購入・お問合せの際は、お問合せフォームよりお問合せください。

お問合せはこちらから
お問い合わせ

このページの先頭へ